節分に「煎った豆」をまくのは何で イワシ、ヒイラギは・・・

スポンサード リンク

公開日: : 最終更新日:2015/02/22 日本のしきたり , , , , ,


節分


2月3日(年によっては、4日となります。)の節分では、多くの家で豆をまきますよね。

神社やお寺でも、その年の 干支生まれの年男 の方々が、集まった人々を前にして豆をまきます。



この節分を境にして、翌日からは暦の上で  となります。

古代中国では、大晦日に邪気や疫病などを打ち払うために、鬼のお面をかぶった人を桃の木で作った弓矢で射って追い払う行事がありました。

これが奈良時代に、日本に伝わり平安時代には、宮中で大晦日の行事として、盛んに行われるようになりました。

当時は、「ヒイラギ」の枝に、「イワシの頭」を刺して家の門にかかげる節分特有の飾りも広まっていたそうです。



ヒイラギ イワシ



「ヒイラギは毒草でトゲがあり」また、「イワシは生臭い物」であったことから、魔除けの効果 があると信じられていたのです。

豆まきの行事が日本に定着したのは、室町時代の中期以降 です。

江戸時代 には、現在のような豆まきの行事が、一般庶民にも広まりました。

「鬼は外、福は内」と大声で豆をまくのは、季節の変わり目には、鬼などの妖怪や悪霊が集まり、疫病や災いをもたらす と考えられていたため、豆をまくことによって 自分の家から鬼などを打ち払おう としたのです。

「煎った豆」は、「福豆」と呼ばれ、その豆をまき自分の年齢の数(または、年齡+1個と地域によって異なります。)だけ食べることで、邪気を追い払い、病に勝つ力がつく と考えられていました。

鬼などを追い払うのですから本来、豆を「打つ」や「投げる」と言いそうですが、あえて「豆をまく」と言います。

何故かと言うと、農作業で畑に豆をまく仕草を表していて、農民たちの 豊作を願う気持ち が込められているからとの説があります。

楽しい我が家に、災いが舞い込むことがない よう家族で「節分」を楽しんでみてはいかがですか。

関連記事

3本締め

3本締め 1本締めの違いと手締めに秘められた意味

無事に物事が終わったときなどに、「お手を拝借!」の掛け声に続いて、 全員で「シャンシャンシャン

記事を読む

4902850041768-1

祝儀袋に「寸志」と書いてませんか。失礼がないよう日常・慶事・弔事での表書きの書き方をご紹介

贈り物やお祝いに現金を包む際、 「寸志」と書いてしまいませんか? 会社の上司

記事を読む

神輿1

神輿とは、 担ぎ方と注意すべき5つのポイント

お祭りシーズンになると、揃いの半纏(はんてん)に鉢巻といった姿で、 神輿を威勢良く担ぎ 町内を練

記事を読む

帯祝い

妊婦さんの腰痛防止と安産祈願に「帯祝い」!戌(いぬ)の日ってなに?

「帯祝い」、あまり耳慣れませんが、 妊娠5ヶ月目に妊婦が、「岩田帯」と呼ばれる腹帯を巻く

記事を読む

ひな人形

「ひな祭り」の由来と注意点 これ大事!守らないと大変なことに

3月3日に行われる「ひな祭り」は、女の子の節句 です。 この日は、「ひな人形」を飾

記事を読む

20120203002414

告白でライバルに差をつけるなら「六曜」を知るべし!大安、友引 えっ!そうなの

日本人は、縁起にこだわります。 「縁起を担ぐ」など、使いますよね。

記事を読む

%E3%81%8A%E4%B8%AD%E5%85%83%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8

お中元、御歳暮の表書きは、何て書く?意味と贈る時期は?

お若い方々に、この「お中元」は馴染みがないかもしれません。 仕事などでお世話になっ

記事を読む

初日の出

「初日の出」 を彼女、彼氏、家族で楽しもうよ

今年も残すところわずかですね。 年内にやるべきことは、気合入れて やっちゃいましょう。

記事を読む

86522464

彼岸とは?春分秋分に先祖を大事にする!

3月の春分の日(3月20日から3月21日ごろ)を挟んで、 前後の約3日間、計1週間を「春の

記事を読む

衣替え汗ジミ

衣替えの時期って?脇汗の汗ジミ対策

毎年、多くの会社、学校では、 6月1日になると、通勤スタイルや制服が一斉に 冬服から

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

PAGE TOP ↑
エグゼクティブな特典