アミノ酸の効果、筋トレに効く理由は?細マッチョを目指す若者へ

スポンサード リンク

公開日: : 最終更新日:2015/02/22 男のマナー


細マッチョになるために、欠かせないのは、

ご存知のとおり、「筋トレ」で筋肉をつける。



そして、無駄な脂肪を削ぎ落とすために必要な

ジョギングなどの「有酸素運動」です。


細マッチョ


夏に向けて、気合入れて運動をすると

翌日(翌々日の場合も?)、疲れが溜まってしまうだけでなく

体のあちらこちらが痛くて、運動するかどうか悩んでしまいます。



そして、運動をやめてしまい、細マッチョを断念してしまう。



このように、細マッチョを目指して、

運動を始めても長続きしない方が多くいます。



そこで、ご紹介したいのが 「アミノ酸」 です。





アミノ酸とは



人間の体は、20%がタンパク質です。



このタンパク質を構成する成分が、

アミノ酸なのです。



筋肉も、アミノ酸で構成されています。



アミノ酸は、筋肉の材料なのです。




効果が期待できる理由



運動することで、筋肉を収縮させて、

筋肉に負荷をかけ続けることで、乳酸が発生します。



この乳酸が溜まってくることで、筋肉を動かすと痛みや違和感を

感じるようになるのです。



そうです。あの筋肉痛です。



アミノ酸は、この乳酸を抑えてくれることで、

痛みとなる筋肉痛を、和らげてくれるのです。



筋肉痛を和らげてくれることで、

翌日も「よし!頑張るぞ。」とモチベーションを

保つことができ、細マッチョへ近づきます。



それだけでは、ありません。



筋トレをすればするほど、疲れてきます。



疲れることで、筋トレに対する集中力が落ちてしまいます。



集中力が落ちてしまうと、パワーも落ちてしまい

効果的な筋トレが、できなくなってしまいます。



筋トレをすることで、本来「10」鍛えることができるところを

「7」しか鍛えることができなくなってしまうのです。



筋トレするなら少しでも効率がいい方が

いいですよね!



アミノ酸を上手に取り入れることで、

疲れを少なくして、筋トレ、有酸素運動を

さらに多くすることができるのです。




必要なアミノ酸



筋肉に必要なタンパク質は、

20種類ものアミノ酸で構成されています。



ところが、この中の9種類は、

体内で合成されません。



これを必須アミノ酸と言います。


必須アミノ酸とは


・トリプロファン

・ロイシン

・リジン

・バリン

・スレオニン

・イソロイシン

・フェニルアラニン

・メチオニン

・ヒスチジン



このうち、バリン、ロイシン、イソロイシンが、

みなさんがよく聞くBCAA(分岐鎖アミノ酸)です。



BCAAとは、筋肉のエネルギー源となる

唯一のアミノ酸です。



これらは、肉類、魚類、乳製品などの食事から

上手に摂取することができます。




必須アミノ酸を上手に摂取できる飲料



近年、たくさんのアミノ酸飲料が、

販売されています。



必須アミノ酸が1番多いのは、

大塚製薬:Wアミノバリューです。


Wアミノバリュー



アミノ酸を上手に摂取して、

継続して、筋トレと運動をしてくださいね。



最低3ヶ月は、モチベーションを保ち

継続してください。



3ヶ月、継続することで、

体の何かが変わってきます。









私は、高校時代に、ラグビーをしていました。



身長170センチ、体重86kg

かなり太っていました。



ラグビーを引退してから

好きな洋服が着たいとの思いから

必死で、減量しました。



現在、20年ほど経ちますが、

筋トレと運動を継続し、減量した体を現在まで、

維持することができています。



日々摂取するアミノ酸の力は、私にとって非常に大きいです。

関連記事

正月太り

年末年始で増加した体重をリセット!リバウンドしない方法

年末年始 くらい何も考えず、お酒を飲んで、美味しいおせち料理を食べて、新たな年を迎えたい

記事を読む

Comment

足を細くする方法【男性向け】筋肉を落としてスレンダーな足にする方法 | ダイエットTV にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

PAGE TOP ↑
エグゼクティブな特典