祝儀袋に「寸志」と書いてませんか。失礼がないよう日常・慶事・弔事での表書きの書き方をご紹介

スポンサード リンク

公開日: : 最終更新日:2015/02/22 日本のしきたり , , , , , , , ,



贈り物やお祝いに現金を包む際、

「寸志」と書いてしまいませんか?



会社の上司が、出世にともなう異動の際、

「寸志」と書いて現金を包むのはいいのでしょうか?



贈り物や祝儀の由来、表書きの書き方などの

マナーをご紹介します。


4902850041768-1





                     【目次】

   ● 贈り物の由来

   ● 寸志と書いてませんか

   ● 弔事の場合




贈り物の由来



昔は、贈り物をするとき、品物に内容を明記した

「目録」を添えました。



その目録を略して、包装紙に品名と数量を書いたものを

「表書き」と言いました。



例えば、「御海苔 五帖」など贈る内容を書き、

その左下に贈る人の氏名を書くのが礼儀でした。



このように表書きは、目録を略したものなので、

本来は贈る品物を書くべきですが、

現在は「御中元」「御歳暮」などと書くか、

表書きを印刷した紙を貼って贈るようになっています。




寸志と書いてませんか



慶弔の場合には、祝儀袋などに現金を入れて贈ることが多くなっていますが、

その際に贈る側の意図が分かるように表書きするのがマナーです。



どれも「品物の代わりにお持ちしました。」と

言う意味が込められています。




「寸志」
もよく目にしますが、

これは 目下の方に謝礼を差し出す場合 です。



「御祝」「寿」などと書き、

お手伝いなどをしてくれた方に、謝礼を差し上げる際、「薄謝」「御礼」などと書きます。




慶事の場合



相手が信仰する宗教によって異なります。


・ 仏教では、「御霊前」「御仏前」「御香典」「御香料」となります。

・ 神道では、「御神前」「御神饌料(ごしんせんりょう)」「御玉串料(おたまぐしりょう)」となります。

・ キリスト教では、「御花料(おはなりょう)」となります。


葬儀などで、相手の宗教が分からない場合は、

「御霊前」とするのが無難です。



筆で表書きをする場合、慶事のときは墨を濃くして書き、

弔事のときは墨を薄くして書く習わしがあります。



文具店などには、薄墨がでるようになっている筆ペンが売っています。



弔事に薄墨を使うのは、

薄く書くことで悲しみを表すためと言います。



せっかく渡すのですから

相手に気持ちが伝わるようにしたいですよね。



関連記事

3本締め

3本締め 1本締めの違いと手締めに秘められた意味

無事に物事が終わったときなどに、「お手を拝借!」の掛け声に続いて、 全員で「シャンシャンシャン

記事を読む

ひな人形

「ひな祭り」の由来と注意点 これ大事!守らないと大変なことに

3月3日に行われる「ひな祭り」は、女の子の節句 です。 この日は、「ひな人形」を飾

記事を読む

還暦

還暦の祝いとは?由来を知り、精一杯のプランを 

昔は、短命でした。 平均寿命は、40歳くらいだったそうです。 40歳になると、親戚一

記事を読む

衣替え汗ジミ

衣替えの時期って?脇汗の汗ジミ対策

毎年、多くの会社、学校では、 6月1日になると、通勤スタイルや制服が一斉に 冬服から

記事を読む

帯祝い

妊婦さんの腰痛防止と安産祈願に「帯祝い」!戌(いぬ)の日ってなに?

「帯祝い」、あまり耳慣れませんが、 妊娠5ヶ月目に妊婦が、「岩田帯」と呼ばれる腹帯を巻く

記事を読む

20120203002414

告白でライバルに差をつけるなら「六曜」を知るべし!大安、友引 えっ!そうなの

日本人は、縁起にこだわります。 「縁起を担ぐ」など、使いますよね。

記事を読む

節分

節分に「煎った豆」をまくのは何で イワシ、ヒイラギは・・・

2月3日(年によっては、4日となります。)の節分では、多くの家で豆をまきますよね。

記事を読む

86522464

彼岸とは?春分秋分に先祖を大事にする!

3月の春分の日(3月20日から3月21日ごろ)を挟んで、 前後の約3日間、計1週間を「春の

記事を読む

%E3%81%8A%E4%B8%AD%E5%85%83%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8

お中元、御歳暮の表書きは、何て書く?意味と贈る時期は?

お若い方々に、この「お中元」は馴染みがないかもしれません。 仕事などでお世話になっ

記事を読む

神輿1

神輿とは、 担ぎ方と注意すべき5つのポイント

お祭りシーズンになると、揃いの半纏(はんてん)に鉢巻といった姿で、 神輿を威勢良く担ぎ 町内を練

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

PAGE TOP ↑
エグゼクティブな特典